event_180112_01

\ EXHIBITION /
◎ 牧野伊三夫|作品展
▼ 日程|2018.1.19[金]- 2.5[月]
▽ 休業日|1.24[水]1.30[火]1.31[水]2.1[木]
▼ 会場|栞日2F企画展示室

画家・牧野伊三夫さんの作品展を開催します。
版画作品を中心に、絵付けした皿も並びます。

牧野さんが編集長を務める美術同人誌『四月と十月』の
文庫シリーズ「四月と十月文庫」(港の人)や、
牧野さんの近著『かぼちゃを塩で煮る』(幻冬舎)も販売します。

また、牧野さんが制作に携わる地方発のフリーペーパー
『雲のうえ』(北九州市)『飛騨』(飛騨産業)の
バックナンバーも設置・配布します。

/ / /

◎ 牧野伊三夫(まきの・いさお)
1964年北九州市生まれ。画家。
1987年多摩美術大学卒業後、広告制作会社サン・アドに就職。
1992年、退社後、名曲喫茶でんえん(国分寺)、月光荘画材店(銀座)、
HBギャラリー(原宿)等での個展を中心に画家としての活動を始める。
1999年、美術同人誌『四月と十月』を創刊。
第2回アトリエヌーボーコンペ日比野賞。
2012、2013、2017年東京ADC賞。
著書に『僕は、太陽をのむ』『仕事場訪問』(ともに港の人)
『かぼちゃを塩で煮る』(幻冬舎)。
『雲のうえ』(北九州市)、『飛騨』(飛騨産業)編集委員。
東京都国分寺市在住。

/ / /

\ TALK /
このまちに暮らすこと。#02|まちの本屋
▼ 日程|2018.1.20[土]18:00-19:30
▼ 会場|無印良品 イオンモール松本店 OPEN MUJI
▼ 料金|無料
▼ ゲスト|牧野伊三夫
▼ 聞き手|三谷龍二・中川圭・菊地徹

いいまちには、いい本屋がある。
WEB全盛・出版不況と言われる時代にありながら、
個性的な新しい本屋が各地で次々に生まれてもいます。
暮らすまちや旅先のまちで好みの本屋が見つかると、
胸踊るのは何故でしょう。
まちの本屋の役割と、その可能性を考えます。